熊本県理学療法士連盟 --kumamoto physical therapist league--
熊本県理学療法士連盟のホームページへようこそ。
当連盟に参加してもっと活動をしたい人を募集中!
詳しくは、事務局【九州中央リハビリテーション学院内】
担当: 田島 徹朗 TEL.096-322-2200までご連絡を!
ホーム
ごあいさつ
活動のご報告
年間行事予定表
入会のご案内
役員・組織図
リンク
お問い合せ
【 事務局 】
〒860-0821
熊本市中央区本山3丁目3-84
九州中央リハビリテーション学院内
担当:田島 徹朗
TEL 096-322-2200
FAX 096-322-6161
E-mail.kptrenmei@gmail.com
携帯からも「お問合せ」・「ご入会」ができます!
モバイルページはこちらから
  ごあいさつ
  設立の主旨
理学療法士に対する昨今の逆風は、診療報酬における「理学療法料」の算定項目消滅により極まりました。さらにその一方で、本来は理学療法の職域であるはずの領域に他職種があの手この手で参入し、まさに理学療法士の尊厳や誇りをすら守りきれないような状況に立ち至っています。 

この様な状況において係る問題を放置しておけば、我々の未来は光のささないまったくの闇となってしまうでしょう。またこのことは、良質かつ均質な理学療法サービスを求める患者さんや高齢者にとっても、決して好ましいことではないはずです。昨今の一連の状況は、まさにわが国における理学療法の危機である、と言わざるを得ません。 

現在、(社)日本理学療法士協会では、半田会長の指揮のもと、これまで大幅に立ち後れていた理学療法士の職能にかかわる様々な活動を開始し、その精力的な活動により『理学療法士等問題を考える議員連盟』を立ち上げるまでになりました。この議連を足がかりとしてまずは第一の課題である法の改定に向けて活動を始めているところです。しかし、こうした活動は中央だけで為し得ることではなく、47都道府県理学療法士会が力を合わせて草の根運動的に取り組まなくてはその目的を達することは出来ません。理学療法士の職能を確立するために政治活動は欠くことの出来ない手法です。いま、立ち上がらなければ10年先の私のそしてあなたの生活は成立しません。
我々は、理学療法士と理学療法サービスユーザーのための戦いに勝利するため、

ここに 熊本県理学療法士連盟 を立ち上げます。

  なぜ今、理学療法士連盟が必要なのか!
社会に理学療法の必要性を訴え、職域の堅持、拡大を図っていかなければ我々の未来はなく、延いては国民の不利益にも繋がります。しかし、現在、我々や理学療法士協会が抱えている問題は、政治力なくしては解決できないものばかりです。 

今の我々には、国政に我々の考えを訴えてくれる代表者が必要で、そのために我々の思いを託す代表議員を擁立することは、必要不可欠なことなのです。当協会は公益法人であり、特定の政党や議員を推薦又は擁立することは会の性格上不可能です。 

そこで、職能団体として政治活動や選挙運動も自由に行なえ、協会の目的及び活動を補完できる別組織《理学療法士連盟》が必要となるのです。学術・公益活動団体組織としての協会と職能団体組織としての連盟は、常に表裏一体の関係にあり、車の両輪を成すものなのです。 

平成20年度、私たちの団体も65,571名(全国会員数)となりました。仲間が増えることは素晴らしいことです。これから先も、私たちは「豊かな高齢化社会と国民の健康と福祉の充実を目指すため」に自身の専門性を発揮できるように努めます。そのためには、私たちが夢を追って輝ける未来を築くことができるように行動しなければなりません。

今こそみんなの心を一つにしていく時です。
▲このページのTOPへ
Copyright (C) 2011 Kumamoto Physical Therapist league. All Rights Reserved.